岡山動物がんセンター/三宅動物病院 | 岡山県井原市のイヌ・ネコ診療

肛門周囲骨肉腫の一例

10才のミニチュアダックスフンドの女の子です。
肛門左に発生した腫瘤が次第に増大し、排便困難となりました。

術前に病理検査およびCT検査を行い、骨肉腫と診断されました。
その際複数の転移病巣も確認されました。

そのため、完治目的ではなく、排便困難などの症状の緩和を目的に
肛門周囲の骨肉腫部分切除術を実施しました。

手術は肛門や尾の機能の温存を考慮して行い、
皮膚の欠損部は皮弁を利用し縫合しました。

術後は排便困難は改善し、術創の回復も良好でした。



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



三宅動物病院
ACC福山中央動物病院
共通メニュー