岡山動物がんセンター/三宅動物病院 | 岡山県井原市のイヌ・ネコ診療

右胸壁血管肉腫切除術を行った一例

犬 ボルゾイ 8歳 ♂

右胸壁に腫瘍があるとの事で当院を紹介、受診されました。
病理検査及びCT検査をおこない、右7~9肋骨に付着した血管肉腫と診断しました。

手術では、肋骨に固着している腫瘍を周囲肋骨とともに切除。
その後、横隔膜前進術とあわせて、人工材料をを用いての胸壁再建を行いました。

術後は呼吸は安定しており、レントゲン上でも異常は認められませんでした。
現在は化学療法を実施しております。

犬種による独特な体型と腫瘍の大きさのため、切除後の胸壁再建に苦慮した一例です。



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



三宅動物病院
ACC福山中央動物病院
共通メニュー