岡山動物がんセンター/三宅動物病院 | 岡山県井原市のイヌ・ネコ診療

胸壁の軟部組織肉腫に対し外科治療を行った一例

犬 雑種 13歳 メス
左胸壁(肋骨)に腫瘍があるとの事で当院を紹介、受診されました。

手術では、まず、胸壁の腫瘍を切除しました。
その後、腫瘍が肋骨に固着していたことから、再発を防ぐため、固着していた肋骨を周囲の筋肉を含めて切除しています。

体の表面には、わずかに確認出来る程度の小さな腫瘍でも、悪いものであれば体内にどんどん広がったり、ほんの少し残っているだけでも再び大きくなってしまいます(再発)。
再発した腫瘍を全て切除する手術は難しいことから、腫瘍の切除手術では初回の手術でできるだけ再発を起こさないように腫瘍及びその周辺組織を取り除くことが大切です。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



三宅動物病院
ACC福山中央動物病院
共通メニュー