岡山動物がんセンター/三宅動物病院 | 岡山県井原市のイヌ・ネコ診療

胃小腸バイパス術を施した十二指腸腺癌疑いの犬の一例

犬 14歳 雑種 雄
慢性嘔吐を主訴に来院され、内視鏡検査を実施したところ十二指腸腺癌が疑われた。
開腹手術を行い、十二指腸病変部の切除生検および胃と小腸のバイパス術を実施。
   
がん検診と早期のバイパス手術を実施したおかげで、良好な経過が得られた症例です。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



三宅動物病院
ACC福山中央動物病院
共通メニュー