岡山動物がんセンター/三宅動物病院 | 岡山県井原市のイヌ・ネコ診療

脾臓手術

腹部に腫瘍があるとの事で来院されたダックスフントの女の子です。

検査で脾臓に塊がある事がわかり手術を行いました。
脾臓は腸などの臓器と癒着しかけていました。

結果は腫瘍ではなく炎症が原因でした。
おそらく以前の手術の傷跡がきっかけだと思われます。

現在は元気よく生活しており、再発もありません。

ダックスフントなどでは手術時に使った糸などに反応して炎症が起きる事があります。
当院では反応しにくい糸を使っていますが、それでもごくまれに起こる事があると言われます。

異常を感じたら出来るだけ早く検査などで確認する事が重要だと思います。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



三宅動物病院
ACC福山中央動物病院
共通メニュー