岡山動物がんセンター/三宅動物病院 | 岡山県井原市のイヌ・ネコ診療

片側乳腺全摘出術

犬 7歳 未避妊雌

右側乳腺にしこりがあるとの事で来院されました。
右側の複数の乳腺にしこりがあったため右側の乳腺を手術で全部摘出しました。
その際、子宮卵巣摘出手術も合わせて行っています。

乳腺の腫瘍はいずれも良性でしたが反対側にも出来る可能性があるので今後も定期的なチェックが必要です。
犬の乳腺腫瘍は約半数が悪性です。
しかし2回目の発情までに子宮卵巣摘出手術を実施すれば乳腺腫瘍を90%以上予防することが可能です。

早期の避妊手術は子宮蓄膿症、乳腺腫瘍の予防としてとても大切です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



三宅動物病院
ACC福山中央動物病院
共通メニュー