岡山動物がんセンター/三宅動物病院 | 岡山県井原市のイヌ・ネコ診療

猫の鼻腔内リンパ腫に対する放射線治療

鼻の奥にリンパ腫というガンができた猫ちゃんの症例です。

化学療法を実施していましたが、顔面の変形が見られるようになり放射線治療のため当院へ来院されました。

 

放射線4Gyの3回照射を行いました。

2回照射後に顔の変形もなくなり、嗅覚も戻ってきました。

 

猫ちゃんの鼻の腫瘍は時おり見受けられます。

鼻炎や鼻出血といった症状がなかなか治らないことがあれば、一度がん検診を受けてみましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



三宅動物病院
ACC福山中央動物病院
共通メニュー